【自宅サーバ Rails】自宅サーバにRails環境を構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

自宅サーバにRails環境を構築しました。Rails導入メモです。

rubyインストールの前に

Rubyのバージョンを用途毎(プロジェクトごとに)に切り替えたりするほうが便利なのでrubyのバージョン管理のrbenvを使います。

rbenvインストールの詳しい説明はrbenvのGitHubにあります

また、rbenvで異なるバージョンのrubyを管理できるようになりますが。そのrubyをコンパイルしてインストールするためにrbenvのプラグイン(ruby-build)もインストールする必要があります。

rbenvのインストール

gitが必要

# sudo yum -y install git

rbenvをダウンロード

# git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

環境変数の設定

# echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

rbenvの初期化

# echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

シェルへの設定の有効化

source ~/.bash_profile

確認。インストールOK

rbenv --version
rbenv 1.1.1-30-gc8ba27f

これでユーザのシェルが起動するとそのユーザのシェルへ環境変数が設定されて(先程設定したrbenvの初期化)シェルからrubyのバージョンを管理できるようになります。システム全体への適用というよりはユーザ環境への適用です。

rbenvプラグイン(ruby-build)のインストール

rubyをコンパイルしてインストールするためにrbenvのプラグインもインストールする必要がある。
ruby-buildをインストールすると、rbenvにinstallとunilstallコマンドが追加されます。

# git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

これでシステム上にrubyの複数バージョンを管理する仕組みが整いました。

rubyのインストール

まずインストールできる候補を表示。

# rbenv install --list

  2.5.0-dev
  2.5.0-preview1
  2.5.0-rc1
  2.5.0
  2.5.1     ※これが最新
  2.6.0-dev
  2.6.0-preview1
  jruby-1.5.6
  jruby-1.6.3
  jruby-1.6.4
  jruby-1.6.5

コンパイルするのでgccをインストール

# yum install gcc

バージョンを指定してrubyをインストール

# rbenv install 2.5.1

エラー発生

# rbenv install 2.5.1
Downloading ruby-2.5.1.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.5/ruby-2.5.1.tar.bz2
Installing ruby-2.5.1...

BUILD FAILED (CentOS release 6.9 (Final) using ruby-build 20180329-2-ge08b257)

Inspect or clean up the working tree at /tmp/ruby-build.20180407182746.3311
Results logged to /tmp/ruby-build.20180407182746.3311.log

Last 10 log lines:
The Ruby openssl extension was not compiled.
The Ruby readline extension was not compiled.
The Ruby zlib extension was not compiled.
ERROR: Ruby install aborted due to missing extensions
Try running `yum install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel` to fetch missing dependencies.

必要なものをインストール

# yum install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel

再度バージョンを指定してrubyをインストール

# rbenv install 2.5.1
Downloading ruby-2.5.1.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.5/ruby-2.5.1.tar.bz2
Installing ruby-2.5.1...
Installed ruby-2.5.1 to /root/.rbenv/versions/2.5.1

インストール完了

インストールされたか確認

# rbenv versions
  2.5.1

バージョンを設定する

# rbenv global 2.5.1

rubyの確認

# ruby -v
ruby 2.5.1p57 (2018-03-29 revision 63029) [x86_64-linux]

自宅サーバにRailsをインストールする

gemで簡単にインストールできる

# gem install rails

確認

# rails --version
Rails 5.1.6

あとはrailsコマンでプロジェクト作成してプログラミングするだけ。